2009年 06月 14日
まさか
僕のリアルタイムヒーローである三沢光晴選手が昨日、試合中の事故で亡くなられました

その突然すぎる死に動揺が隠せません・・・

僕と同世代の男なら誰しもが憧れた『二代目タイガーマスク』そして『三沢光晴』

小中学生の頃は深夜枠の番組にも関わらずプロレス番組を夜更かしして見て、翌日に学校で『三沢のエルボーが・・・』とか『あのカウントが2.9で・・・』などと同級生達と話してたものです

しかし、その当時から受身の天才と言われた三沢選手が、まさかリングの上で死を迎えることになるとは・・・・


プロレスは相手の技をあえて受け続け、耐えてこそ成り立つスポーツ(よくプロレスは八百長だなんて言ってる人がいますが、総合格闘とはそもそも根本から違います)

そこには普段の並々ならぬ修練と、試合の中に幾度となくある一瞬のチャンスを見出す才能がなければならないわけですが、その過程には常に死という危険が潜んでいるわけです

チャンスを逃せば相手の技に屈するどころか、最悪の場合は死を招いてしまう

それほど危険なスポーツです

三沢選手はそれを一番よくわかっているプロの選手だったからこそ、今回のこの死はファンとしてもやりきれません・・・・

三沢 V.S 川田 ヘビー級三冠戦
[PR]

by diana-web | 2009-06-14 13:14 | Jr blog


<< うまい!      除湿機の水 >>